施工例紹介

和歌山市K様邸ダイニング1NEW

将来を見据えた我が家の全面改装 / 和歌山市K様邸

補助金を使ってお得にリフォーム

今回のリフォームのご希望は、家族が休息し、団らんし、明日への活力を充電できる・・・そんな空間を創ることでした。

そこで、家族それぞれが自分に合ったオフタイムが過ごせ、遠すぎず、近すぎない距離感でいられるそんな空間を考えました。

今回のリフォームで、今まで有効に使われていなかった洋室の空間を使ってリビング・ダイニング・キッチン・洗面・バスルームの間取りを大幅に変更し、

生活しやすさ・家事しやすさを考慮して回廊型導線を採用し、ご家族のご要望に応えました。

また、長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金を活用し、これから先も安心して過ごせる我が家になりました。

  • AFTER
    和歌山市K様邸リビング1

    リビングの腰板は既存のまま利用し、床・壁・天井を改装。

    床をホワイト系、壁をホワイト+ネイビーでまとめて上品な空間になりました。

    撤去できない耐力壁はアクセントとして残し、棚板をつけてFAXやインターホンを配置、

    家族の思い出の写真などを飾るスペースとしても大活躍。

     

  • AFTER
    和歌山市K様邸ワークスペース
    既存のキッチンにあった勝手口を閉鎖し、ワークスペースに変更。
    ダイニングテーブルで行っていた仕事がこのスペースで行えるようになり、テーブルを占領してしまうこともなくなりました。
    また、ちょっとした調べものをしたり、読書をしたりするのにも十分なスペースを確保できました。
  • AFTER
    和歌山市K様邸リビング2
    圧倒的に足りていなかったリビング部分の収納として、造り付けの収納を増設しました。
    収納量もアップし、ラックやチェストなどを配置することもなく、すっきり片付くようになりました。

VOICE

定年退職を機に・・・
築後25年が過ぎ、定年退職を機に1階の大規模リノベーションや屋根、外壁の塗装等を行いました。
長期間にわたり、木地由(きじよし)さんにはこちらからの様々な希望や相談に対し、丁寧な提案や説明をいただき感謝しております。
補助金も活用しながら、最新の設備や回廊型動線の間取りに変更等、思った以上の仕上がりになり大変満足しています。
ページトップへ戻る